ロリ無修正です。



[TOPへ戻る]

カテゴリ一覧


記事数カテゴリ名カテゴリ作成日最新登録日時最新記事タイトル



管理者用ページ
管理者へ問い合わせ    ALINK by UIC

sexしているのを見て気持ちが高ぶりました。
この様子ではひょっとしたら見ることができるかもしれません。
DVDを見るのはあまりにも垣根が高いと感じたのです。
実際に逆さ撮りができたたことが未だに信じられません。
本番をするとは思いもしなかったのです。
急にしたくなったのですが、今ここで入れるのは失礼だと感じたのです。
つまりクンニするのが好きになってしまったんです。
いつものように個人撮影しました。
射精感がこみ上げて来て、もういきそうと合図を送りました。
躊躇いもありましたが欲望に負けて生でぶちこみました。
舐めてから最後に手の平で撫でて唾を拭き取りました。
果てた後も咥えたままで音を立てて吸い尽くします。
そして溜まりに溜まったのを全てごっくんと飲みほしました。
どくどくと脈を打っているだけで何も出ません。
見ている方が気楽であることに気づいたのです。
刺激を受けて再び勃ちはじめると今度はしゃぶりはじめました。
することで、気持ちが良くなったのです。
最後は中に出してよと大声をあげて朽ち果てました。
なんか流れでこんなことになったことを誤ったのです。
もちろん援助交際することに抵抗感はありました。
今年から一人暮らしをはじめて一人でいるとのことでした。
それとは裏腹に、あと一回でいいから撮りたいと考え始めていました。
こんなに求めて何度も愛してくれることが嬉しいみたいでした。
気にしながら逢引することが多くなったのです。
誰もの気づかれず、この関係が続いたのです。
周りを見廻しました。
揉んだら顔をゆがめながらも喘ぎ続けていたのです。
一気に女っぽくなり、意識しすぎてあまり喋る機会を無くしていました。
パイズリしてもらいたい気持ちを抑えることが出来なくなったのです。
大勢集まったせいもあり、何人かで寝ることになりました。。
夏休みに遊びに来たので並んで寝ることになりました。
前から仲が悪く、特に話もなかったのです。
きっと盛り上がった、おまんこを見れたら興奮してしまうでしょう。
今は見ることで満足するようになりました。
からかい合いながら徐々にみんな寝ていきました。
二人で寝れずになんとなく初体験の話になりました。
巨乳を揉んだのは過去の出来事だと忘れることにしました。
突然、股間は膨らみ断る理由もみつからなかったのです。
そのまま布団に入ってきてしゃぶりついてきました。
当然ながら、あっという間に放出してしまいました。
それでもまだ無料の画像を見るため、その場に留まったのです。
するのを止めることは出来ないのです。
盗撮したことを知られてから、態度がよそよそしくなったのです。
もう一回できそうだったので、再び口に含み舐めてくれました。
興奮して、みるみるうちに回復していきました。
ブラジャーをたくし上げて手を潜り込んできました。
無我夢中で覆いかぶさり探してあたふたしてました。
わざわざ聞かなくても、美人であうことは手触りでわかります。
やさしく手で導いてくれたことで挿入が始まりました。
出さないでねと耳元で小さく呟きました。
まわりに気づかれてはいけないと、わずかな動きで腰を振り続けました。
そして気づかれない事を良い事に夜が明けでしていたのです。
自分が付けたキスマークを見て、興奮したのです。
ちょっと探しただけででもすぐに見えてしまうものなんですね。
体を洗うことも出来ず汚れたのlを履き自宅に帰って行きました。
人数が減ったので部屋に余裕ができました。
納得して、こっちを向いてくれました。
移動するのも面倒なので、同じ場所で寝ることにしました。
みんなが寝静まったのを見計らって、見ていたと告げてきました。
急にエロいことをしたくなったので急いで会うことにしました。
一瞬凍りつき、なんとか口止めをと思いました。
内緒にしとくからと言われて少し虐めたくなってきたのです。
どうしたら信じてもらえるのかと謝りながら懇願してきました。
口だけで許してと土下座してお願いしてました。
おっぱいを吸ったことは、もう済んだこととして全て水に流しました。
格段に上手くて1時間くらいは堪能し出しました。
その日は、これで仲直りするよと寝ることにしました。
気まずさも有り顔を合わしてもほとんど口をききませんでした。
まだ若いせいか見ることに慣れていないみたいです。
夜一人で部屋で寝てると、誰かがこっそり入ってきました。
もう飽きたからいいと断ると、しばらく下を向いて考え込んでいました。
誰にも言わないでと念をおしたらぶっきらぼうに答えました。
ここで脱ぐのは、はっきり言って嫌だったのです。
初めてしっかりと見てみようと広げてみると薄らと膜が見えました。
脳裏に焼き付けるようにじっとマンスジを見つめていたのです。
未開の股間へ勢いよく挿入を開始しました。
床がきしむ音が聞こえてくる感触を今でも覚えてます。
素知らぬ顔で腰を振り続けていたら、最初は痛がり始めたのです。
sexで奥まで突かれてしまいました。
顔射するなんて、いつもよりもずっと大胆な行動をとってしまいました。
夢中でしゃぶりながら腰を振り続けたので抜けました。
バックでするためのは、もっと体をくっつけなければなりません。
すでに一時間以上もフェラチオしてもらっていたのです。
よほど溜まっていたのか中出しすると、中に入りきらない精子がしぶきをあげてました。
終わってそのまま上に覆いかぶさり寝てしまったのです。
体は出たばかりの精子で、べたべたになっていました。
いきなり戸を開けてきたのですが見えなかったみたいです。
急いで服を着て部屋から出ていきました。
ほんの数分でもいいから、フェラしてもらえれば性欲が冴えてくるはずです。
拍子抜けするほど簡単に出来たのです。
精力の凄さを聞かされ興味深々になったようです。
ほとんど限界に近いほど楽しんだのです。
快楽を通り越して少し苦痛に感じるほどでした。
隠し撮りしていたことが発覚してしまいました。
疲労と強烈な絶頂で頭がぼんやりしてしまいました。
何人でも抱けるように体づくりに余念がありません。
エロなことされて付いていない振りを続けました。
1時間ぶっとおしで続けてから出かけるという生活をしてました。
続けているとさすがに疲労がたまってきたのです。
アナルを舐めることができると期待に満ちあふれていました。
肉欲に溺れながらも本気で愛し合ったことがありました。
もしかして、したかったのかもしれません。
もちろん、肛門に挿入されるのは嫌だったのですが抵抗できなかったのです。
忙しくなるとストレスが溜まって、ついにDVDを見てしまうのです。
久しぶりに声を聞いて、抱きたくなりました。
初潮を迎えたばかりの子を抱くという欲望が猛烈にこみ上げました。
援交するには経験がまだまだ少ないのかもしれません。
月末までに鍛えることにしました。
いやらしい娘で愛液の量がかなり多かったのです。
急に席を立って、こちらに近づき揉んだのです。
こんなに射精してもまだまだ出来る自信があったのです。
生ハメしたことを責めたら姿を消したのです。
肉欲を湧き上がらせて食い入るように見つめていました。
ほんの少しづつではありますが、確実に増えてました。
お尻を撫でられるチャンスは、そう何回もありません。
あの日以来、してないかとても心配だったのです。
街を歩く若い子を襲ってしまうかというほどの性衝動に駆られたのです。
このままでは、ちゃんと抜いておかないと確実に夢精してしまうでしょう。
悲鳴が聞こえてから、パンツを脱がす時の布の擦れる音が聞こえてきたのです。
一度でもいいから、おっぱいを揉んでみたいと考えています。
することで気持ちが軽くなりました。
そんな考えは、とっくに見透かされてしまっていました。
今まさに出る瞬間となって顔射したのです。
抱いて相性の良かったのはほんの一握りしかいなかったのです。
裸にしてしまったことを今更、誤ってもどうしょうもありません。
初めから身を委ねてきて奉仕することに歓びを感じてまいした。
クリトリスを舐められているうちに快感が拡がっていきました。
初対面から明るい印象で落ち着いた人でした。
すぐに打ち解けて、できそうな予感がしていました。
まずは、撫でることから始めてみようと思います。
しばらく会話してから甘いキスを交わしたのです。
フェラをしている合間に、はにかんで笑うのです。
たぶん極度の緊張をほぐすにはクリを舐めるしかないでしょう。
服を脱がしてゆくと細く括れた腰が現れました。
下着を剥ぎ取り股間に手で触ると粘りを帯びた汁で濡れていました。
すぐにシックスナインをすることが出来て助かりました。
なぜかこういう忙しい時に限って、見たくなるのです。
座る前にパンツを膝下まで下げました。
ベッドに移動して、大の字に寝かせて顔を埋めました。
手でしごいてからゆっくり根元まで咥え始めました。
ついつい丸見えにしたくなる性格だったのです。
逆に流出させていない可能性もありました。
舐めてと言わんばかりに淫美な体を押しつけてきたのです。
入れることが頭の中にめぐっていたのです。
両手で肉びらを広げて吸い付き音を鳴らしました。
震えながら快楽を求めているようでした。
ようやく暇になってする余裕ができました。
口内発射したい、そんなことばかり考えていました。
腰を浮かせた瞬間に抜けてしまったので、やる気を削がれてしまったのです。
全てを出し切るまですべて飲み干してくれました。
入浴してベッドで体を密着させて過ごしました。
モザイク無しを見ているうちに我慢できなくなったのです。
済んだら、すぐに帰りました。
足を絡めてきたので遠慮なく奥まで入れました。
見れるものがないか探しても見つける事が出来ませんでした。
これ以上、責めるのは矢理という感じで、股間をひくひくさせてました。
残り汁を漏らさないようにそのまま続けていたら、すべてを放出したのです。
見て見ぬ振りをしていて、どちらの味方と言う訳でもありません。
とても可愛がってくれて寝たりもしてくれていました。
まったく止める様子もなくモロ見えにし続けたのです。
涼しげな顔をして、マンコを見せてくれました。
記憶が曖昧なまま寝てしまいました。
朝起きると、一緒に布団に入ってました。
薄暗い部屋の中でぼんやり見えました。
離れようとした時に腕をすごい力で掴まれました。
服が放り投げられたように床の上にありました。
パンティーを脱いで欲しいと言いました。
見たくなって急いで家に帰りました。
巨乳を見るたびに自然と薄ら笑いがもれてしまうのです。 
まだ13歳になったばかりで夢中になって弄んだのです。
返事も聞かずに頭を掴むようにして股間の所に押しやりました。
そして無料の画像を見て思っていたよりも、いい気分になれたのです。
顔の方に向けると、そのまま舐めあうような感じになりました。
久しぶりだったからか、恥ずかしいくらいに感じてしまいました。
乳首を吸われて快楽に溺れ始めていました。
舌づかいがうまくて股間を舐め上げることが出来ませんでした。
見たくなったら、どうすればよいか心配になったのです。
巧みに敏感な所を弄りながら、どこが良いか探しました。
少し躊躇しながらも、流出させることにしました。
体に手を伸ばし、入れてきました。
妊娠することができる年齢になっていたのです。
乱交している姿に目を奪われたのです。
さらに驚くくらい敏感になっていて、痙攣が始まりました。
はっきり言うまで弄り続けたのです。
ハメ撮りしるためには捨てなければいけません。
前戯で逝ってしまったので体がまっていましいました。
する日が近付いてきました。
立ちバックで挿入するために足を開いたのです。
欲しくなっていましたが、口に出したことがなかったのです。
モザイク無しを見ることは、とても癒しの時間になりました。
すごく恥ずかしくなってしまい、顔を見れない状態になりました。
つまり 処女喪失させることは難しく、それだけにやりがいがあるのです。
それを見越したかのように入れてきて激しく動かしました。
吸うことで、とても興奮できる事がわかりました。
もちろん、援交することを無理強いさせるつもりはありません。
指で満足なのかとの問いかけに、素直に顔を横に振ってました。
激しさと優しさの落差が激しくて、戸惑ってしまうばかりでした。
狭いところだったので、体を丸めさせて挿入したのです。
ワレメに入れられたのが、それほどまでに痛かったのか歩き方が不自然でした。
膣に入れられなければ性欲を抑えることはできないのです。
激しかった愛撫とは違って、ゆっくりと中に入ってきたのです。
その日のうちに会うことになって待ち合わせをしたのです。
腰を激しく子宮にぶつけるように動かしたのです。
腰を動かされるだけで逝ってしまうくらいでした。
まんこを舐めているところを見られてしまったのです。
本能的に体を離さずに背中に両腕を回していました。
体が動くたびに漏れるのが分かりました。
こちらが呆気にとられているうちに挿入されました。
感じて潮吹きしてしまったことを誰にも話せません。
ハメ撮りされて不覚にも、感じてしまい愛液が溢れました。
両足の間で色々な方向に動いていました。
しているうちに朝になってました。
レイプしている最中に人が来たので慌てて立ち去りました。
わずかに刺激を感じたのです。
小さくなり抜いてもらうようにしてもらいました。
上から押さえつけるような態度をとるようになったのです。
その時は問題なさそうに思えたので見続けたのです。
果てた後に体に覆いかぶさってきてキスしました。
3Pしたことで、晴れ晴れとした気持ちになれたのです。
まだ責任は負えないけどいいかと聞かれ頷いていました。
たった数分の出来事でしたが気持ちは大きく変わってしまいました。
させたことを笑いながら誤魔化そうとしました。
相変わらず濃厚な愛撫だけで費やされたのです。
これ以上ないくらいに欲しがる頃に、ようやく入ってくるのです。
無料の画像を見しまったことを今さらですが恥じてます。
昼寝などの時間を見ては求めてしまうのです。
巨乳を触るちょうど良い角度を、もう一度確認してみました。
体の準備はいつも出来ていて、すぐ終わっても全く問題がないくらいでした。
一日に3回もしてしまいました。
どうやら初めて見たらしく、顔を真っ赤にしてました。
迎えに来られた時は寂しくなってしまい仕方がありませんでした。
裏DVDを見ているうちに楽しくなっていきました。
一週間たってから、また元の生活に戻ってしまいました。
一ヶ月くらい続いたのですが、とうとう突き止められてしまったのです。
まんこの中を隅々まで舐めるために大きく指で開いたのです。
とりあえず中出しをした全ての痕跡を消そうとしました。
会えないどころか慰める時間もありませんでした。
後から声を掛けられ、その声の主に駆けていきました。
優しく語り掛けながら、抱きしめたのです。
何を言われても聞こえないふりをして、見続けたのです。
その姿を見て、体の火照りが広がっていくのを感じていました。
目を見ながら言われ濡れていくほど感じてしまったのです。
一目見てやたらと可愛く思えて援助交際に誘いたくなったのです。
スカートの中に手を入れられて我慢できなくなってました。
ハメ撮りすることについて多少は仕方のない面があると思いました。
もちろん、裸を見ても、もう戸惑うことはありません。
まるで反応を楽しむように触っていました。
見て、気持ちが揺さぶられました。
正直に言えば、フェラされる気満々だったのです。
ひどく説教されましたが、満たされ耐えることができました。
しばらく心の穴を埋めてくれたのです。
正座をしている足を崩して逃げようとしたのです。
スカートがどんどん上に上がってきて、誰かが触りだしました。
甘酸っぱい味が口の中に広がりました。
両脇を押さえられながら、持ち上げられて座り直させられました。
座りこんだ正面から押し倒され入れられたのです。
抱くことが出来たら感じてしまうと思うのです。
周りの人は笑っていましたが、その時に恐くなって泣いてしまいました。
泣いているのに押さえつけ舐め始めました。
お尻を出したおかげで、いつもより性欲が湧いてきたのです。
体が離れた瞬間に体をそらして、四つん這いになって逃げようとしました。
服を脱いだら、すぐに抱きついてきました。
しかし足を掴まれ、引きずられるように元の場所に戻されたのです。
誰かいないか注意してからモロ見えにしたのです。
結局また両脇を掴まれ、脱がされました。
歩きながら部屋を一周して見せてまわりました。
今では、パイズリしてもらうことで楽しめるようになりました。
流し込まれたものが、あまりに熱かったので声が出ました。
ごくたまにですが裏DVDを見れることだってあるんです。
しばらくすると気力も薄れ、大人しくなったので畳に下ろされました。
中出しされることもあるので気をつけるようにしてました。
やばいと思って逃げようとしても這って移動することしかできません。
体をよじって逃げようとするたびに叩かれてしまうのです。
ひっそりと見ることを望んでいたに違いないのです。
愛液が膝まで伝い落ちるのがわかりました。
ベットに入ってから感じで巨乳を揉みました。
嫌でも体が反応してしまい、身をよじるしかありませんでした。
もちろんモザ無しを見たことは、自分だけしかしらない秘密でした。
嫌と言葉がもれると、ますます手が動きました。
青姦することに何の違和感も抱かなかったのです。
感じてたまるかと思っても、だんだん気持ち良くなっていったのです。
ついに我慢するのをやめてしまいました。
とりあえず盗撮したのですが、それから先のことは考えていませんでした。
声は出さないでいたけど、息がどうしても荒くなってしまいます。
小さな声をあげ、絶頂を迎えてしまいました。
いきなりモロ見えにされて動転してしまったのです。
挿入しようとしたら、まだ早すぎると言われました。
そろそろ誰かが来る時間にいたので解放されました。
手で顔を覆って隠しながら、丸見えにしたのです。
するために着替えてもらいました。
それからも交流はあり、たまに遊びには来ていました。
これでしばらくはしなくて済むのではなかと思いました。
そこそこいい気分になってきた時、お願いをしてきました。
立ち上がって手をとって立たせたと思いました。
輪姦するためには準備する時間が必要だったのです。
とても激しいキスされたこともあり、ちょっと興奮もしてきます。
激しくしてきて、舌を少しずつ入れてきました。
抱き合ってキスしていると、股間を擦ってきました。
擦られたせいで、だんだん勃起してきました。
クンニは誰でもやっていることだからと納得させました。
自分で見てもいやらしく思えるほど起っていてやばくなってます。
濡れ具合を確かめるように動いていました。
挿入することが出来れば性欲が満たされると考えました。
言葉も上の空で答えていると、指が入ってきました。
どうにか誤魔化して答えました。
中出しされる前に帰ることに決めたのです。
何も言い返しようもなかったのです。
もう理性も何もかも吹っ飛んでて、とにかく抱きたかったのです。
ちょっと嫌な感じがしたけど断れなかったのです。
ハメ撮りされて我慢するのが大変だったのです。
とても断れない感じなので一緒にいくことになりました。
そんなに待たせるわけにはいきません。
胸元が大きく開いていて、谷間が目に入ってしまいます。
やらしい事をする気で来ていたので、いけない気分になってしまいました。
嫌がるのもかまわず、手を引っ張ったのです。
/(-_-)\